×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME >デジタル放送完全対応!DVD徹底分析

Site Map

Last Update:2007-12-11

[Sponser Site1]cycle?host=hs0008630&t=std&b=dvd_digital_01&noscript=1;msizes=468x24;bso=listed

[Sponser Site2]秋葉原・なんば・名古屋・札幌に店舗を構えるパソコンショップ!【ツクモ】

はじめに:当コーナー開設の主旨等

DVDメディアの種類には色々なものがあってよく分からない人が多いのでは?

ここでは、デジタルテレビ放送等の録画に使えるメリットと落とし穴(デメリット)について、徹底的に分析をしていきます。

また、結論としてオススメ出来る商品のご紹介も行なっていますので、最後までお付き合いください。

キホン:主要なDVDメディアの種類について[DVDフォーラム準拠のもの]

読み出し専用

DVD-Audio

DVD上に音声データを収めるための規格。
192kHz、24ビット(2チャンネル時のみ)、96kHz、24ビットマルチチャンネルステレオに対応。

DVD-ROM

フォーマットはUDF。DVD上にコンピュータのファイルを記録出来るようにしたもの。
現在、パソコンではAppleのMacOS XやMicrosoftのWindows 98 SE以降等がサポートしている。

DVD-Video

DVD上に複数の映像、音声、字幕を記録できるようにしたもので、複製防止技術「CSS」を使い、暗号化することが出来る。
映像はMPEG-2で記録され、音声はPCM、ドルビーデジタル、DTSが使用出来る。
また、リージョンコードと呼ばれる「地域コード」により、例えば特定の国や地域で販売されているDVDプレーヤーにのみ対応させることが可能。

書き込み可能型[DVDフォーラムによる規格内]

DVD-R

ライトワンス(一度だけ)の記録型DVDフォーマット。
DVD-Videoモードで記録した場合、制限により音声多重放送や二ヶ国語放送の記録は出来ない。
また、書き込み方式の違いにより、DVD-RWやDVD-RAMに比べて長期保存がしにくいメディアとされている(詳細は後述)。

DVD-R DL

ライトワンス(一度だけ)の記録型DVDフォーマット。
片面に2層記録が可能で容量は8.5GBのものが出ている。

DVD-RW

パイオニアが、主に動画の記録編集用として開発。DVD-ROMと互換性がある。
容量は片面で4.7GB。書き換え可能回数は1,000回以上とされている。
購入後、フォーマット作業をしなければ使用できないという面倒さがある。

DVD-RAM

書き換え可能回数は10万回以上とされ、松下電器や日立製作所等が推進している。
耐久性&保存性共にDVDメディアの中では抜群!
容量は片面2.6GBから両面9.4GBまで様々な種類があります。

※DVDフォーラムの規格を外れるメディア(DVD+R,DVD+RW等)に関しては、当コーナーでは記述していません。

第一章:DVDに関する重要な出来事年表

出来事

1992年

日本ビクターが、業界初のmpeg圧縮を使用したDVカラオケ「DV-10」を発売

【説】「mpeg圧縮」は、その後のビデオCDやDVDの基礎となった極めて重要な技術

1995年

三協精機製作所が、世界で初めてCDとDVD両方の信号を読み取れる光ディスク用光ピックアップ「SPU3100」を開発

日本ビクターが、パソコンとビデオ関連機器を接続し、パソコンからホームビデオやビデオカメラ、DVDプレーヤ等を操作できるプロトコル「JLIP」を開発

1996年

パイオニアが、世界初のDVD、レーザーディスク、コンパクトディスクのコンパチブルプレーヤー「DVL-9」を発売

松下電器産業が、世界初の単体DVDプレーヤー「DVD-A300」を発売

【説】この機種が「日刊工業新聞第39回十大新製品賞」を受賞

松下電器産業が、片面2層式DVDディスクを発売

【説】これにより、ディスクを取り出すことなく8.5GBもの大容量データの再生が可能になった

1997年

ソニーが、同社初のDVDプレーヤー「DVP-S7000」を発売

日本ビクターが、DVDプレーヤ「XV-1000」を発売

【説】高音質(ダイナミックレンジ108dB)、高画質(ハイビット・ハイサンプリング)、グラフィカル・ユーザー・ナビゲータを世界で初めて搭載した

パイオニアが、世界初のDVDカーナビゲーションを発売

パイオニアが、世界初のDVD-Rドライブを発売

1999年

パイオニアが、世界初のDVD-RWレコーダー「DVR-1000」を発売

【説】これにより、家庭でTV番組をDVDに記録することが可能になった

2000年

三洋電機が、業界初のBSデジタルチューナー搭載ハイビジョンテレビ「VIZON HVC-36DZ1」を発売

【説】TV本体にDVDビデオプレーヤーを内蔵している

松下電器産業が、世界初のDVD-RAMビデオレコーダーを発売

2003年

ソニーが、ブルーレイ規格の次世代DVD「BDZ-S77」を発売

▲先頭に戻る

第二章:デジタル放送とDVDの関係

現在販売されているHDD内蔵型DVDレコーダーは、デジタルチューナーと呼ばれる機器(地上デジタル放送やBSデジタル放送等を受信する装置)を搭載し、地上デジタル放送やBSデジタル放送等を楽しむことができます。

番組を録画するとき、HDDには容量の限界があるし、もしDVDレコーダーが壊れてしまったら録画番組が観られなくなるので、保存版はDVDメディアに記録した方が賢明です。

しかし、デジタル放送をDVDメディアに記録する時には、CPRMという著作権保護機能(いわゆるコピーガード)がかけられているため注意が必要です。

この機能により、HDD上に録画した映像は、別のメディアに一度しかコピーできず、コピーした番組はHDD上から自動的に削除されます。
こんな機能が付いているせいで、録画したDVDメディアが何らかの原因で読みとれなくなったら、その番組は永久に観ることができなくなってしまいます。

以上のことから、デジタル放送を記録するDVDメディアには、当然、信頼性の高いものを使うのが得策だと思われます。

このコピーワンスに関して利用者からの不満の声が根強く、総務省は2006年8月、「地上デジタル放送の利活用の在り方と普及に向けて行政の果たすべき役割」について、第3次中間答申を受け、本文と概要を公表しました。
外部リンク:「地上デジタル放送の利活用の在り方と普及に向けて行政の果たすべき役割」(情報通信審議会 平成16年諮問第8号 第3次中間答申)に対する意見募集の実施

第三章:DVD技術論 保存&耐久性が高いものは?

DVDメディアは、記録面の表面にレーザー光線を照射して映像を記録します。これはCD-R等と同じ原理です。

DVD-Rの記録面には表面に色素が塗布されていますが、一方のDVD-RWやDVD-RAMには金属膜が付いています。
DVD-RWやDVD-RAMはレーザー光線の熱により、物理的に金属膜を化学変化させ映像を記録します。
こうして変化させた金属膜は、変質しにくいため保存性が高いと言われています。

さらに、DVD-RAMの場合、もし記録する前に記録面に傷が付いたとしても、予備領域という場所に続けて記録が行えます。
このことを「欠陥管理方式」と言い、DVD-RWには無いものです。
この方式により、記録中に書き込みがストップしてしまう可能性が少なく信頼性が極めて高いので、デジタル放送の記録には最適なのです。

第四章:用途にあったDVDを選ぼう!

昔から「良い品は高い」と言いますが、これはDVDメディアについても同じで、信頼性が高いとそれなりに金額は高くなってしまいます。

ですから、例えば「普段はDVD-RやDVD-RWを使い、とっても大事なものはDVD-RAMを使う」という風に使い分けると良いのではないかと思います。
とは言っても、世の中には様々なDVDメディアがあり、販売されています。正直、どのメーカーのものが良いか分からないのでは?

そこで、当サイトで厳選した、お勧めのDVDメディアを以下にご用意しました。興味のあるものをクリックし、さらに詳しい情報を得てください。
貴方なら、どれを選んでみますか???

▲先頭に戻る

結論:超お勧め!DVDカタログ集 買う時はコレを選ぼう!

DVD-R

ホワイトディスク(マット)の美・画・創 DVD-R 20枚パックに美・画・創 「光沢」を1枚プラスしたおトクなキャンペーンパックです!

8倍速4.7GB録画用DVD-R ホワイト マット20枚+光沢1枚パック
録画時間:標準約120分(※録画モードにより異なります)
入り数:ホワイト マット20枚+光沢1枚
ケース:5mm厚スリムケース入り

1〜8倍書込対応 DVD-Rメディア CPRM対応
「1回だけ録画可能なデジタル放送」が記録できるCPRM対応のDVD-Rです(DVD-RのCPRM対応レコーダーにて使用が可能)

知る人ぞ知る、あの「太陽誘電」のDVD-Rです。
最近は、人件費が安い中国などで製造される商品が多い中、こちらは純粋な日本製!

やっぱり、国産品は安心感がありますよねぇ。

DVD-RW

にじみを抑えた美しいプリントが可能なワイド印刷エリアタイプです。

2倍速 4.7GB録画用DVD-RWメディア プリンタブル 10枚入り
録画時間:標準約120分(※録画モードにより異なります)
レーベル:インクジェットプリンタ対応(ワイドエリア(内径24mm〜外径118mm))
ケース:5mm透明ケース、インデックスカード入り
著作権保護機能:CPRM対応

DVD-RAM

2倍速で9.4GB録画用のDVD-RAM TYPE-4!カートリッジ5枚入りです。

録画時間:標準約240分(※録画モードにより異なります)
カートリッジ:TYPE-4(取り出し可能)
著作権保護機能:CPRM対応

キズ・指紋・ホコリに強いプロハードコートを採用!

9.4GB DVD-RAMディスク(5枚パック)
録画時間:両面240分

▲先頭に戻る

■ 出典・参考資料

「産業技術の歴史」(国立科学博物館)、他